【2019 J2 第18節】“バットマン”呉屋の2発で先制するも、後半追いつかれ町田とドロー

2019年6月16日(日)明治安田生命J2リーグ 第18節 FC町田ゼルビア 対 V・ファーレン長崎。前節、岡山に敗れてリーグ戦の連勝が4で止まった長崎は、アウェイで暫定16位の町田と対戦。前半、エースの呉屋 大翔の2得点でリードして後半へ折り返したが、攻め込み続けた岡山に2点を返され、2-2の引き分けに終わった。

2019明治安田生命J2リーグ 第18節
17:00キックオフ / 町田市立陸上競技場
FC町田ゼルビア 2-2 V・ファーレン長崎


長崎は角田 誠がボランチに復帰し、センターバックには徳永 悠平に代わってイ サンミンを起用。また、フォワードには畑 潤基がスタメンに入り、前節での負傷によりフェイスガードを着用しての出場となった呉屋 大翔と2トップを組んだ。

試合は立ち上がりから岡山の猛攻を浴びるが無失点で乗り切ると、前半17分にショートカウンターから長崎が得点を挙げる。翁長 聖が相手のパスをカットすると、こぼれ球を受け取った大竹 洋平が前線でフリーの呉屋 大翔へパス。呉屋はキーパーとの1対1の場面を冷静に決め、6試合連続ゴールでワンチャンスを生かした長崎が先制に成功する。

先制後も岡山に攻め込まれ、前半32分にはロメロ フランクにペナルティエリア内でシュートを放たれるが、ゴール手前でカバーに入ったキャプテンの髙杉 亮太が足でブロックし、ビッグセーブを見せる。

ピンチをしのぐと、前半アディショナルタイムに角田からの浮き球のパスを受けた呉屋が、トラップから反転ボレーでゴールネットに突き刺し追加点。今季10得点目を決めて、長崎の2点リードで前半を終える。

後半に入り、選手交代で流れを変えた町田。後半17分、途中出場 岡田 優希からのクロスがイ サンミンの足に当たってオウンゴールで1点差となると、後半23分にロメロ フランクの突破からクロスを富樫 敬真に決められて、2-2の同点に。

守備が崩れた長崎は直後にイ サンミンに代えて徳永 悠平をセンターバックに置いて、立て直しを図る。攻撃ではイ ジョンホを投入するも、相手のディフェンスラインの裏を狙ったロングボールからしか活路を見出すことができず、勝ち越しのゴールを奪うことができない。

岡山も逆転を狙って攻勢を仕掛けたが決定力を欠き、試合は2-2のドローで勝ち点1を分け合う結果となった。