【2019 J2 第22節】途中出場 長谷川のボレー弾で1点取り返すも水戸に敗れる 後半戦黒星スタート

2019年7月13日(土)明治安田生命J2リーグ 第22節 水戸ホーリーホック 対 V・ファーレン長崎。J2リーグ8位の長崎は、4位と好位置につける水戸と対戦。前半は0-0で折り返すが、後半攻撃のギヤを上げてきた水戸に2点を先行されてしまう。長崎は終盤に長谷川 悠のゴールで1点を取り返すも2-1で敗れ、リーグ戦2連敗となった。

2019明治安田生命J2リーグ 第22節
18:00キックオフ / ケーズデンキスタジアム水戸
水戸ホーリーホック 2-1 V・ファーレン長崎


今節、累積警告によりボランチの角田 誠が出場停止となった長崎は、島田 譲をスタメンで起用。また、右サイドバックには翁長 聖、左の攻撃的MFには吉岡 雅和が入った。

試合はボールを繋いで崩しにかかる水戸の攻撃を、長崎がブロックを敷いて耐え忍ぶという構図に。前半10分、くさびを受けた黒川 淳史からのパスを白井 永地が狙うが、長崎の守護神 徳重 健太が右手で触ってセーブする。
直後のコーナーキックでは細川 淳矢にゴール枠内へヘディングシュートを放たれるが、カバーに入っていた呉屋 大翔が頭でクリアする。

水戸の前線からのプレッシャーに苦しめられ、なかなかボールを繋ぐことができない長崎。ディフェンスラインから前方へのロングボールを供給し攻撃を仕掛けようとするが、収めることができず前半を無得点で終える。

後半に入ると、攻撃に鋭さが増した水戸。後半5分、平野 佑一がドライブのかかったミドルシュートを放つが、徳重の好セーブに助けられる。
しかし後半9分、左サイドを崩されると白井にミドルシュートを決められて先制を許してしまう。

先制された試合では1分8敗と結果を出せない長崎は、後半16分にボランチの島田に代えて澤田 崇を投入し、展開力のある大竹 洋平をボランチに配置する。大竹が中央に入ったことで攻撃にリズムが生まれ始めると、後半26分には相手からボールを奪った大竹がカウンターを仕掛け、大竹のパスを受けた呉屋がシュートを放つも相手ディフェンスにブロックされる。

何とか追いつきたい長崎だったが、後半33分にコーナーキックから志知 孝明に追加点を許し、2-0に。
2点リードを許し、苦しい状況となった長崎は後半38分に玉田 圭司、長谷川 悠のフォワード2枚を送り込み、ようやく反撃開始。
水戸の選手が足をつって一人少なくなったところを押し込み、後半43分、縦への突破から亀川 諒史が上げたクロスをキーパーが処理ミスし、こぼれ球を長谷川が左足でゴールへと押し込んで、1点を取り返す。

さらに後半アディショナルタイムには、亀川のクロスを玉田が左足で合わせてゴールを狙うも、キーパーに防がれて試合は2-1で終了。またしても上位の水戸に敗れ、リーグ後半戦の初戦を白星で飾ることができなかった。