サガン鳥栖 FW ビクトル イバルボ選手がV・ファーレン長崎へ期限付き移籍加入

2019年7月16日(火)V・ファーレン長崎は、FW ビクトル イバルボ選手がサガン鳥栖より期限付き移籍で加入することを発表した。

イバルボ選手はコロンビア出身のフォワードで、イタリアのカリアリでは主力としてプレーし、2017年に鳥栖へ移籍。188cmの長身ながらスピードがあり、ドリブルやボールキープ能力にもすぐれており、コロンビア代表経験も持つ。
昨シーズン途中に左ひざ前十字靭帯断裂の大怪我で戦線離脱していたが、今シーズン復帰。J1リーグ戦3試合に出場し、7月3日に行われた天皇杯 2回戦 ロアッソ熊本戦では先発出場でゴールも決めている。

期限付き移籍期間は2019年7月14日~2019年12月31日までで、期限付き移籍期間中はサガン鳥栖と対戦する全ての公式戦に出場できない。

イバルボ選手コメント

「V・ファーレン長崎のサポーターのみなさん、ビクトル イバルボです。V・ファーレン長崎に加入できて、とても嬉しく思います。J1昇格のためにベストを尽くしますので、ご声援よろしくお願いします。」
ビクトル イバルボ選手 期限付き移籍加入のお知らせ | V・ファーレン長崎

先日の天皇杯、チームメートとサッカーができてとても嬉しかったですし、私たちのスタジアムでまたゴールを決めることができて、本当に幸せでした。
サポーターの皆さん、本当にありがとうございました!今まで長かったリハビリの時も、私にとってあなたたちの応援はとても素晴らしいものでした。
今から新しいチャレンジをしてきます。またトップのコンディションに戻るために、いつもサガン鳥栖への思いを忘れずに頑張ってきます。
ビクトルイバルボ選手 V・ファーレン長崎へ期限付き移籍のお知らせ | サガン鳥栖 [公式] オフィシャルサイト