湘南ベルマーレ MF 秋野央樹選手がV・ファーレン長崎へ期限付き移籍加入

2019年7月24日(水)V・ファーレン長崎は、MF 秋野 央樹(あきの ひろき)選手が湘南ベルマーレより期限付き移籍で加入することを発表した。

秋野選手は柏レイソルの下部組織出身で、2013年にトップ昇格。左足の精度の高さと展開力が魅力のボランチで、各年代代表を経験。U-21日本代表では指揮を執る手倉森監督のもとでプレーもしている。2017年に湘南ベルマーレへ期限付き移籍し主力として活躍していたが、2018年シーズン後半以降は若手の台頭により出番が減少。今シーズンから湘南へ完全移籍となったが、J1リーグ4試合の出場にとどまっていた。

期限付き移籍期間は2019年7月25日~2020年1月31日までで、背番号は37。期限付き移籍期間中は湘南ベルマーレと対戦する全ての公式戦に出場できない。

秋野 央樹選手コメント

「V・ファーレン長崎に関わるすべての皆さま、はじめまして秋野央樹です。このチームの一員になれたことを誇りに思います。1日でも早くチームに馴染み、認めてもらえるように戦います。そして、J1昇格に向け自分の力の100パーセントを注ぎます。たくさんの応援よろしくお願いします!」
秋野 央樹選手 期限付き移籍加入のお知らせ | V・ファーレン長崎

「シーズン途中でチームを離れるのは苦渋の決断でしたが、V・ファーレン長崎に移籍することに決めました。
ベルマーレで過ごした2年半はとても濃い時間でした。J2優勝、J1残留、そしてルヴァン杯優勝と様々な経験をさせてもらいました。その中でも僕の心に一番残っているのは毎日の馬入での練習です。どんな状況でも全員が競争し、誰一人手を抜く事なく100%でトレーニングをする。それこそが湘南スタイルだと感じました。
ここで得たものをこれからのサッカー人生に生かしたいと思います。
ベルマーレに関わる全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!」
秋野央樹選手 V・ファーレン長崎へ期限付き移籍のお知らせ « 湘南ベルマーレ公式サイト