「Jリーグマネジメントカップ2018」調査レポート 長崎はJ1で8位

2019年9月30日(月) デロイト トーマツ グループのスポーツビジネスを展開するスポーツビジネスグループが、J1、J2、J3全クラブを対象にビジネスマネジメントの側面から順位付けした「Jリーグマネジメントカップ2018」が発表され、昨季J1で戦ったV・ファーレン長崎が8位に入っていることがわかった。

Jリーグ マネジメントカップ 2018|スポーツビジネス|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

BMポイント2018 J1ランキング
順位チームBMP総計マーケティング経営効率経営戦略財務状況
1川崎F17152215840
2鹿島16944186047
3浦和16944186047
4G大阪14447254428
5名古屋14349184135
6神戸14047143841
7横浜FM13036244723
8長崎12531264325
9磐田12138213824
10FC東京11828242937
11湘南11342182825
12札幌11032203424
13清水10935183917
14仙台10734233119
15広島10125163426
16鳥栖10033152725
17C大阪9738143213
1877314933
1stステージ:マーケティング
チーム平均
入場者数
スタジアム
集客率
新規観戦者
割合
客単価合計
川崎F141841652
鹿島113121844
浦和18711743
G大阪15991447
名古屋161216549
神戸121116847
横浜FM13261536
長崎1618631
磐田81721138
FC東京1753328
湘南315111342
札幌9417232
清水51351235
仙台7167434
広島41101025
鳥栖6108933
C大阪10813738
21414131
2ndステージ:経営効率
チーム勝点1あたり
チーム人件費
勝点1あたり
入場料収入
合計
川崎F12921
鹿島61218
浦和51823
G大阪91625
名古屋31518
神戸11314
横浜FM71724
長崎18826
磐田111021
FC東京101424
湘南14418
札幌17320
清水13518
仙台16723
広島15116
鳥栖41115
C大阪8614
224
3rdステージ:経営戦略
チーム売上高・チーム
人件費率
SNS
フォロワー数
SNS
フォロワー数
増減率
グッズ
関連利益額
合計
川崎F1514121758
鹿島1417131660
浦和171521852
G大阪16118944
名古屋51391441
神戸8918338
横浜FM121641547
長崎18216743
磐田96111238
FC東京13105129
湘南776828
札幌6815534
清水115101339
仙台10114631
広島41271134
鳥栖2417427
C大阪31811032
13329
4thステージ:財務状況
チーム売上高売上高
成長率
自己
資本比率
合計
川崎F15111440
鹿島16151647
浦和1711331
G大阪137828
名古屋1412935
神戸1816741
横浜FM129223
長崎118625
磐田631524
FC東京1181837
湘南317525
札幌4101024
清水86317
仙台251219
広島541726
鳥栖1014125
C大阪72413
9131133