【第99回天皇杯 準々決勝】V・ファーレン長崎が初のベスト4進出 甲府に逃げ切り勝ち

2019年10月24日(水) 天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権 準々決勝が行われ、V・ファーレン長崎はトランスコスモススタジアム長崎でJ2のヴァンフォーレ甲府と対戦。
J2対決となったこの試合、立ち上がりから勢いに乗った長崎が主導権をとると、2点を先取。前半のうちに1点を返されたものの、最後まで集中力を切らさずリードを守り切り、2-1で勝利。クラブ初となるベスト4進出を決めた。


リーグ戦とはメンバーを入れ替えて臨んだ天皇杯 準々決勝。長崎はU-22韓国代表から帰ってきた DF イ サンミンが出場。DF 黒木 聖仁とセンターバックでコンビを組み、左サイドバックに DF 鹿山 拓真、右サイドに DF 米田 隼也が入った。対する甲府もリーグ戦からメンバーを入れ替え、元長崎の FW 佐藤 洸一がスタメンで出場した。

雨というピッチコンディションを先に生かした長崎は前半9分、高い位置で相手からボールを奪ったFW 畑 潤基が MF 吉岡 雅和へと展開。ボールを受けた吉岡は思い切りよく左足を振り抜くと、キーパーの手をはじいてネットに突き刺さるタイガーショットで長崎が先制に成功する。
さらに前半14分には MF 島田 譲が蹴ったコーナーキックを後ろから入り込んだ MF 新里 涼が左足でうまく合わせて追加点。こちらもキーパーの手をはじく強烈なシュートで、長崎が序盤のうちに2点をリードする。

前半31分、今度は甲府がコーナーキックから FW 太田 修介がペナルティエリア内で反転しながらシュート。GK 富澤 雅也が手ではじくもネットに吸い込まれ、甲府が1点を取り返す。

2-1で迎えた後半、長崎は幾度かチャンスはあったものの追加点を奪うことができず、試合は膠着状態に。後半37分、甲府にビッグチャンス。佐藤 洸一が頭で落としたボールを FW 金園 英学がダイレクトで狙うが、富澤がスーパーセーブでしのいで得点を与えず。

1点リードのまま逃げ切りたい長崎は終盤に MF 幸野 志有人、そして怪我から復活した MF 大本 祐槻をピッチに送り込み、大本をワントップに置いた4-5-1に変更して前線からの守備を強化。
後半アディショナルタイム4分を含め、このまま1点リードを守り切った長崎が2-1で勝利をおさめた。
初の準決勝に進んだ長崎は、12月21日(土) に鹿島アントラーズと対戦することが決まった。

サッカー天皇杯全日本選手権の準々決勝が23日行われ、V・ファーレン長崎は同じJ2のヴァンフォーレ甲府と対戦しました。

J2同士の対決となった天皇杯・準々決勝。

大粒の雨が降る中、ベスト4進出をかけ、V・ファーレン長崎は甲府をホームに迎えました。

前半9分、畑のパスを受けた吉岡が、左足を振りぬきV・ファーレンが幸先よく先制します。

さらに、前半14分V・ファーレンはコーナーキックのチャンス。

島田のクロスに反応したのは新里!

ボレーでゴールネットに叩き込み追加点をあげます。

その後、甲府に1点を返されますが2-1で前半を折り返します。

後半、さらに追加点を狙うV・ファーレン。

後半29分にカウンターから長谷川がフリーでシュートを放ちますが、ゴールネットを揺らすことはできません。

それでもV・ファーレンは1点リードを守り抜き、2-1でクラブ史上初のベスト4進出を果たしました。

手倉森 誠 監督 「負けたら終わりという今日のメンタリティがこれからの5戦に絶対必要。レベルアップしていけるリーグ戦を自ら作っていけるように、リーグ戦でまず奮闘していければ」

天皇杯・準決勝は12月21日、J1の鹿島アントラーズと対戦します。

(場所・時間は未定)
KTNテレビ長崎 サッカー天皇杯・準々決勝 ベスト4をかけ甲府と対戦

サッカーの国内3大タイトルの1つ、天皇杯の準々決勝が諫早市で行われV・ファーレン長崎がヴァンフォーレ甲府と対戦した。

試合は序盤から動く。前半9分V・ファーレン長崎は畑選手がヴァンフォーレ甲府からボールを奪うと最後は吉岡選手。ミドルシュートで先制点をあげる。5分後にはコーナーキックから新里選手がダイレクトボレーで追加点。その後1点を返されるが最後までリードを守り切りクラブ史上初の天皇杯ベスト4進出だ。新国立競技場で行われる決勝戦への進出をかけた準決勝は12月21日鹿島アントラーズと対戦する。
天皇杯準々決勝 V・ファーレン長崎vsヴァンフォーレ甲府