V・ファーレン長崎 イ サンミン選手 期限付き移籍期間終了を発表

2019年12月9日(月) V・ファーレン長崎は、DF イ サンミン選手が期限付き移籍期間終了となったを発表した。

イ サンミン選手 期限付き移籍期間終了のお知らせ | V・ファーレン長崎

サンミン選手は2019シーズン韓国の蔚山現代(ウルサンヒョンデ)より期限付き移籍で長崎へ加入。21歳という若さながら落ち着いたプレーを見せる188センチの長身ディフェンダー。J2リーグ戦16試合に出場したが守備ラインとの連携面に欠き、終盤は出場機会を失っていた。なお、サンミン選手は韓国国内で合宿を行うU-22韓国代表に選出され、チームから離れている。

今季成績:J2リーグ 16試合 0得点、ルヴァン杯 5試合 0得点、天皇杯 4試合 0得点

【イ サンミン選手コメント】

「まず、長崎でプロデビュー、そしてプレーする機会を与えてくれた手倉森監督をはじめ、関係者の方々に感謝しています。私自身はじめて海外でプレーし、難しいこともありましたが、チームメイトやスタッフが助けてくれて、ありがたく思っています。1年間嬉しいことも苦しいこともあり、良い経験になると同時に成長することができました。長崎で経験したことを活かし、選手として、これからより一層成長したいと思っています。

そして、サポーターとファンの声援に感謝の気持ちをお伝えしたいです。本当にありがとうございました。

最後の試合が残っている中、自分がチームを離れるのは残念ですが、チームが良い形でシーズンを終えることを祈っています。これからもイサンミンを応援してくださると幸いです。」