【2018 J1 第31節】鳥栖 GK 権田の壁が立ちはだかり完封負け 次節にも降格の可能性

 2018年11月4日(日)明治安田生命J1リーグ第31節 サガン鳥栖 対 V・ファーレン長崎。18位の長崎と16位の鳥栖による残留争い直接対決は、1-0で鳥栖に軍配が上がった。長崎はファンマや途中出場の中村 慶太らが果敢にシュートを放ったが、ゴールマウスに立ちはだかる鳥栖の権田 修一がファインセーブを連発し、最後までゴールを奪うことができなかった。

2018明治安田生命J1リーグ 第31節
16:00キックオフ / ベストアメニティスタジアム
サガン鳥栖 1-0 V・ファーレン長崎


 この試合、長崎はスタートから後ろの並びを右から飯尾 竜太朗、ヨルディ バイス、高杉 亮太、田上 大地が入り、4バックを採用。また、前線には平松 宗が入り、ファンマと2トップを組んだ。
 前からプレッシャーを掛けて中盤でのセカンドボールを奪うことを目的とした4バックだったが、鳥栖に対応されはじめると前半20分過ぎからはこれまでの3バックへと変更する。

 長崎はファンマのヘディングシュートや、前半アディショナルタイムのヨルディ バイスのフリーキックなどからゴールを狙うが、鳥栖の権田のセーブに阻まれゴールを奪えず、前半はスコアレスで終える。

 後半に入り、貴重な先制点を獲得したのはホームの鳥栖。パスワークで長崎のスペースを突くと後半15分、福田 晃斗の右サイドからのクロスを趙 東建がヘディングシュート。これをGK 増田 卓也が何とか上空に弾くが、こぼれ球に原川 力が突っ込んで頭で押し込みゴールを奪う。
 長崎はこのタイミングで選手交代の準備をしており、流れを変えようとしていたところでの失点。一瞬の判断の遅れがこの結果を招いたとも言えるかもしれないだろう。

 失点直後の後半16分、平松とファンマに代えて中村 慶太、鈴木 武蔵を投入し、反撃に出る。後半24分には中村 慶太がトラップから反転してボレーシュートを放つが、このシュートは権田の正面。
 後半37分にも中村 慶太が左サイドからのクロスをダイレクトでシュート。左足での強烈なシュートだったが、再び権田が脅威の反応でスーパーセーブを見せ、ゴールを奪うことができない。

 両チーム合わせてイエローカードが6枚も出る激しい試合となったが、最後まで鳥栖が1点を守り抜き、1-0で九州ダービーを制した。アウェイ・ベアスタに2,000人以上の長崎サポーターが駆けつけて後押しするも完封負けを喫し、この結果により次節にはJ2降格の可能性も。まさに崖っぷちの状態まで追い込まれ、残り3試合で連勝が求められることとなった。