町田ゼルビア勝利でV・ファーレン長崎 奇跡の残留へ首の皮一枚つながる

 2018年11月11日(日)明治安田生命J2リーグ 第41節 愛媛FC vs FC町田ゼルビア戦が行われ、町田が2-0で勝利した。これにより自動降格枠数の行方は、17日(土)に行われるJ2最終節へ持ち越しとなった。

 41節を終えて3位につける町田は、来季のJ1ライセンスを持たないため昇格することができず、もし町田が2位以内に入った場合、J1最下位チームのみが自動入れ替えとなる。そのため長崎がJ1残留するには町田がJ2優勝、もしくは2位になることが絶対条件となるのだ。そのうえ、長崎は残り2試合を連勝し、17位の柏レイソルが残り2試合で勝利しないことが必要となる。

2018明治安田生命J2リーグ 自動昇格の行方
順位クラブ名勝点得点失点得失点
1松本山雅FC7621137543420
2大分トリニータ7523612755025
3FC町田ゼルビア7521128614318
4横浜FC7320138624418