来季J2 V・ファーレン長崎新監督候補 やはり手倉森氏が最有力か

 2018年12月1日(土)共同通信のサイトにて、来季J2のV・ファーレン長崎の新監督にリオデジャネイロオリンピックで日本代表監督を務めた手倉森 誠氏の就任が最有力となったと報じられた。

 来季J2の長崎の新監督に、2016年リオデジャネイロ五輪で日本代表監督を務めた手倉森誠氏(51)の就任が最有力となったことが1日、関係者の話で分かった。長崎は6年指揮した高木琢也監督(51)が今季限りで退任、この日がJ1最終戦だった。

 手倉森氏は08年に仙台の監督に就くと、12年にJ1で2位に導くなど手腕を発揮。14年から日本代表コーチと、リオ五輪を目指す年代のチームの監督を兼任したが、15年10月から監督に専念。リオ五輪後にフル代表のコーチに復帰し、ことしのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本の16強入りを支え、8月に退いていた。
長崎、新監督に手倉森氏就任へ リオ五輪監督、来季J2に降格 – 共同通信 | This kiji is

関連記事:V・ファーレン長崎 新監督候補にリオ五輪日本代表監督の手倉森氏が浮上

 また、12月2日付けの長崎新聞でも、V長崎新監督に手倉森氏が最有力との記事が一面で掲載された。