長崎など複数クラブが元日本代表 GK 楢崎正剛選手の獲得に動く

 2018年12月2日(日)スポニチアネックスにて、来季J2のV・ファーレン長崎、J2の京都サンガF.C.、JFLの奈良クラブが名古屋グランパスに所属する GK 楢崎 正剛選手の獲得へ動いているとの記事が掲載され、報じられた。

 J2京都、J2降格が決まった長崎、JFL奈良クラブが名古屋の元日本代表GK楢崎正剛(42)獲得に動いていることが分かった。すでに正式なオファーを出しているクラブもあり、今後の状況次第で神戸も獲得に本腰を入れるという。

 今季はオーストラリア代表GKランゲラックの加入もあり、リーグ戦出場はゼロ。ただ豊富な経験と衰えない技術、チームへの影響力は計り知れない。京都は名古屋や日本代表での戦友だったDF闘莉王らが在籍。長崎は1年でのJ1復帰を視野に入れ、奈良クラブは楢崎の出身地で将来的なJリーグ入りを目指す。
元日本代表GK楢崎獲りへ京都、長崎など動く 本人は引退も視野― スポニチ Sponichi Annex サッカー