V・ファーレン長崎 田代真一選手が期限付き移籍していた横浜FCへ完全移籍

 2018年12月26日(水)V・ファーレン長崎は、横浜FCへ期限付き移籍していた DF 田代 真一選手が、横浜FCへ完全移籍することを発表した。

 田代選手は2017シーズンに長崎へ加入。最終ラインの選手ながら足元の技術に優れ、昨シーズンは31試合に出場し、クラブ初のJ1昇格に貢献。今シーズンは新戦力の加入もあり、出場機会が減少し、2018年7月にJ2の横浜FCへ期限付き移籍していた。
 小学4年生時に横浜フリューゲルスの下部組織に入っていた田代選手。横浜FC加入直後に頬骨を骨折するアクシデントもあったが、フェイスガードを着用してプレーする姿もやはりイケメンで、チームのレギュラーとして活躍していた。

今季成績:J2リーグ 16試合出場、3得点。ルヴァン杯 4試合出場 0得点、天皇杯 1試合出場 0得点

田代選手コメント

「この度、横浜FCに完全移籍する事になりました。長崎での1年半は自分にとって素晴らしい時間となりました。
一緒に闘ってくれた、そして応援してくれたファン・サポーターの方々に心から感謝いたします。本当にありがとうございました。」
米田選手、香川選手、磯村選手契約更新・増田選手、田代選手、乾選手、碓井選手移籍のお知らせ | V・ファーレン長崎

「横浜FCファン・サポーターの皆様、半年間サポートありがとうございました。この度、横浜FCに完全移籍する事になりました。
今シーズンは物凄く濃い時間を過ごす事が出来ました。来シーズンは個人としてもチームとしても、今年以上の結果を追求していきます。今年の経験をすぐにでも活かし来年末、皆様と一緒に歓喜を味わえるように必死で闘っていきます。引き続き熱い応援、宜しくお願いいたします。」
DF田代真一選手V・ファーレン長崎より完全移籍加入のお知らせ | 横浜FCオフィシャルホームページ