アスルクラロ沼津へ期限付き移籍中の畑潤基選手がV・ファーレン長崎に復帰

 2018年12月28日(金)V・ファーレン長崎は、FW 畑 潤基選手がアスルクラロ沼津への期限付き移籍期間満了に伴い、長崎に復帰し2019シーズンの契約を更新したことを発表した。

 畑選手は、東海学園大学時代の2016年9月より長崎の特別指定選手としてプレーし、2017年に入団。2017年8月からアスルクラロ沼津へ期限付き移籍しており、今シーズンは移籍期間を延長し J3リーグ 25試合出場 8得点を記録した。

【畑選手コメント】

「V・ファーレン長崎に関わる皆様。この度長崎に復帰することになりました。アスルクラロ沼津に移籍が決まったとき、おかえりと言わせてねとたくさんの方に言っていただきました。それだけで自分はすごく嬉しかったです。そして、こうして復帰できたこと、もう一度このチームで戦えることをとても嬉しく思います。自分が持ってるものを全て出し、1年でJ1へ戻れるように頑張りますので応援よろしくお願いします。そして、皆様のおかえりという言葉を聞くの楽しみにしています。」
畑選手契約更新、鈴木選手移籍、本多選手・林田選手期限付き移籍期間延長のお知らせ | V・ファーレン長崎

アスルクラロ沼津に関わる皆様ありがとうございました。
沼津での一年半は自分に自信をつけさせてくれました。
素晴らしいファン、サポーターの皆様に支えられてこの一年戦ったこと、
沼津の選手として戦えたことを誇りに思います。
全力でやるってことを忘れずにどこのチームに行っても全力で戦いたいと思います。
本当にお世話になりました。 
ありがとうございました。
畑 潤基選手、期限付き移籍期間満了のお知らせ | アスルクラロ沼津