V・ファーレン長崎 鈴木武蔵選手が北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍

 2018年12月28日(金)V・ファーレン長崎は、FW 鈴木 武蔵選手が北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍することを発表した。

 鈴木選手は、2018シーズンにアルビレックス新潟より長崎へ完全移籍で加入。抜群のスピードに加え、身体能力を生かして空中戦でも体を張ったりと、前線のエースとして奮闘。自身初のJ1リーグ二桁得点を記録したうえ、守備への意識も高まるなど、今シーズン限りで退任となった高木監督の下で急成長を遂げた。

今季成績:J1リーグ 29試合 11得点、天皇杯 2試合 1得点

【鈴木選手コメント】

「長崎の皆さん1年間という短い時間でしたが、本当にありがとうございました。社長をはじめ、監督、スタッフ、選手、サポーターの皆さんに、心から感謝しています。ありがとうございました。長崎に来て僕のサッカー人生は大きく変わりました。選手として人として未熟な僕を受け入れてくれて、共に成長できたことを決して忘れません。毎日なごみに足を運んでくださったこと、降格が決まってもアウェイの試合に僕達の応援に来てくださったこと、試合が終われば選手を称えてくださったことは特に胸に刺さりました。今回、ひとりのサッカー選手として更なる成長を遂げたいと考え、決断しました。自分勝手で本当に申し訳ありません。長崎での1年間をこれからも心に刻んでサッカー人生を歩んで行きたいと思います。本当にありがとうございました。」
畑選手契約更新、鈴木選手移籍、本多選手・林田選手期限付き移籍期間延長のお知らせ | V・ファーレン長崎

「北海道コンサドーレ札幌の皆さん、はじめまして。長崎から移籍しました鈴木武蔵です。素晴らしいクラブ、そして監督、選手、スタッフ、サポーターと共に1つでも多くの勝利を分かち合い、共に成長していきたいです。どうかよろしくお願いします」
鈴木武蔵選手完全移籍加入のお知らせ | コンサドーレ札幌 オフィシャルサイト