名古屋グランパス FW 玉田圭司選手がV・ファーレン長崎へ完全移籍で加入

 2018年12月28日(金)V・ファーレン長崎は、名古屋グランパス FW 玉田圭司選手が完全移籍で加入することを発表した。

 玉田選手は柏レイソルや名古屋グランパス、セレッソ大阪でプレー後、2017年より名古屋グランパスへ復帰。日本代表としても、2016・2010ワールドカップメンバーとして出場した実績を持つ。
 現在38歳のベテランだがシュートやパス精度は未だ衰えを知らず、今シーズンも夏以降よりレギュラーとして起用されていたが、今年12月に契約満了により退団となっていた。

今季成績:J1リーグ 24試合 3得点、ルヴァン杯 3試合 0得点、天皇杯 1試合 0得点

【玉田選手コメント】

「2019シーズンからV・ファーレン長崎でプレーすることになりました!J1昇格に向け、僕自身が持っているすべてをこのチームに捧げたいと思っています。皆さんとスタジアムでお会いできることを楽しみにしています!」
玉田 圭司選手 完全移籍加入のお知らせ | V・ファーレン長崎

View this post on Instagram

来シーズンよりVファーレン長崎でプレーすることになりました。 いち早くオファーを頂いたこととチームの将来のビジョンに惹かれて決断しました! グランパスではサポーターの皆さんはもちろんこと、メディカルや営業スタッフ等の方々に日々支えられて頑張れました。グランパスはそういうスタッフの方達の地道な努力の積み重ねでたくさんの人達に試合に足を運んでもらえるクラブになってきたのだと思っています。見えないところで頑張ってくれている人達の為にも、このクラブが更に良いクラブになっていってくれることを心から願っています! カテゴリーが違うので、リーグ戦で対戦することは出来ませんが、元気にプレーしている姿を見せることで少しでも恩返しになればと思います! Vファーレン長崎に関わる皆さん、来年からお世話になります! 初の九州なので、ドキドキしていますが、それ以上に楽しみでもあります。 J1昇格に向けて一緒に頑張りましょう! #名古屋グランパス #vファーレン長崎 #探したけど… #公式インスタない? #長崎 #右も左もわからない #まずは磯村に頼るか #頼りないけど

Keiji Tamadaさん(@keijitamada_official)がシェアした投稿 –