【2019 J1 第3節】V・ファーレン長崎 今季初黒星 水戸の鋭いカウンター攻撃に沈む

 2019年3月9日(土)明治安田生命J2リーグ 第3節 V・ファーレン長崎 対 水戸ホーリーホック。粘り強い守備で今シーズンいまだ負けなしの長崎は、2試合連続無失点勝利と好調の水戸と対戦。互いに堅い守備でゴールを割らせない展開が続いたが、後半に水戸の高速カウンター一発にやられて、0-1で今シーズン初黒星を喫した。

2019明治安田生命J2リーグ 第3節
14:00キックオフ / トランスコスモススタジアム長崎
V・ファーレン長崎 0-1 水戸ホーリーホック


 この試合、長崎は前節欠場していた主将の黒木 聖仁がスタメンに復帰。控えには、先日行われた6日(水)ルヴァンカップ湘南戦で活躍したイ サンミンや畑 潤基らが入った。
 一方、水戸には2015-2016シーズン長崎でプレーしていた岸田 翔平が右サイドバックでスタメンに入った。

 両者4-4-2のシステムを採用し、ミラーゲームとなったこのゲーム。長崎はサイドを起点とした攻撃からチャンスをうかがうも迫力不足。前半33分、島田 譲のコーナーキックからイ ジョンホがヘディングシュートを放つも、枠の上へと外れてゴールならず。前半42分には、澤田 崇がドリブルで侵入し、送り込んだクロスをファーサイドから亀川 諒史が頭で合わせるもキーパーに防がれてしまう。
 長崎は自陣での対応の甘さから相手にボールを奪われてピンチを招く場面もあったが、守護神 徳重 健太の活躍などで凌ぎ、前半をスコアレスで終える。

 膠着した試合が動いたのは後半7分、長崎の攻撃中、島田が強引に放ったシュートがディフェンスにブロックされボールが相手に渡ると、一転して鋭い反撃を受けてしまう。清水 慎太郎がドリブルで持ち運ぶと右サイドへ展開。ボールを受けた茂木 駿佑は中へとクロスを送り込むと、フリーでペナルティエリア中央へ走りこんできた清水に決められて、水戸に先制点を奪われる。

 先に得点を許した長崎は、長身のセンターバック チェ キュベックに代えて、左利きのサイドバックである香川 勇気を投入。徳永 悠平をセンターバックに置き、右サイドに移った亀川 諒史と左の香川の両サイドバックが高い位置を取って、サイドからの攻撃をより強めていく。
 先制されたことと選手交代により前への意識が高まった長崎だったが、選手同士での連携が合わず、なかなかシュートまで持っていくことができない。途中交代で投入された長谷川 悠、大竹 洋平らに最後の望みを託すも、ゴールが遠く0-1で試合終了となった。

 今シーズンリーグ戦初失点&初黒星を喫した長崎。開幕3試合で得点はわずか1と、得点力不足が浮き彫りとなった。