【2019 J2 第4節】甲府の外国人FWコンビに手を焼き完敗 長崎は公式戦3試合無得点と攻撃に苦しむ

 2019年3月17日(日)明治安田生命J2リーグ 第4節 ヴァンフォーレ甲府 対 V・ファーレン長崎。前節リーグ戦初黒星を喫した長崎は、ここまで開幕3戦2勝1分と好調の甲府と対戦。長崎は、甲府のボールを奪ってからの素早いカウンターに苦戦し、前半のうちに2失点を喫すると、その後も相手にリードの有利を生かした試合運びを見せられて完敗。これでリーグ戦2連敗となり、公式戦3試合無得点となった。

2019明治安田生命J2リーグ 第4節
14:00キックオフ / 山梨中銀スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 2-0 V・ファーレン長崎


今節、長崎はこれまでセンターバックでレギュラーを務めていた角田 誠がベンチからも外れて欠場。代わりに徳永 悠平がセンターバックに入り、サイドバックには先日のルヴァンカップにも出場した香川 勇気が起用された。また、前線にも変化があり、澤田 崇とイ ジョンホに代わって、長谷川 悠と大竹 洋平がスタメン出場となった。

試合はボールを保持して繋ぎながら展開していく長崎に対し、甲府はしっかりとブロックをつくって素早いカウンターからシンプルに攻撃を仕掛けるといった構図に。

先制に成功したのは甲府。前半8分、センターバックのチェ キュベックのパスミスからピンチを迎えると、相手選手のシュートをブロックしたこぼれ球を最後はウタカに決められて甲府に先制点を奪われる。

先制してからも果敢にミドルシュートを放つなど、攻撃の手を休めない甲府。前半41分には内田 健太のコーナーキックから飛び込んできたウタカが押し込んで、甲府が追加点を獲得。
 長崎はピーター ウタカとドゥドゥの強力外国人FWコンビを捕まえきれずに度々危ない場面を迎えるも、徳重 健太がファインセーブを連発してそれ以上の失点は許さず、甲府の2点リードで前半を折り返す。

後半に入ってからもなかなか相手の組織網を崩しきれない長崎は、後半12分にイ ジョンホと吉岡 雅和を投入。さらに後半26分には磯村 亮太を途中投入し、システムも甲府と同じ3バックへと変更し、布陣の変更で攻撃に変化を加える。

早く1点を取り返したい長崎だったが、後半35分に背後へのスルーパスから裏を取られた香川がペナルティエリア内で相手選手を倒してしまい、PKを献上。
 これにて万事休すかと思いきや、この試合幾度も最後の砦として立ちはだかってきた守護神がここでも活躍。キッカーのドゥドゥが蹴ったPKを徳重が完全に読んでブロックに成功する。

長崎は終盤、イ ジョンホの裏への抜け出しや玉田 圭司のミドルシュートなどで打開を図るも、甲府の組織的な守備の前に得点を奪うことはできず、試合は終了。甲府が2-0で勝利し、ホーム開幕戦を勝利で飾った。
一方の長崎は、リーグ戦4試合でわずか1得点と攻撃陣が不発。頼みの綱であった堅守も、ディフェンスラインが下がってしまい間延びしていたスペースを相手にうまく使われて完敗をくらった。