【2019 ルヴァン杯 第6節】富澤PKセーブ&吉岡1G1Aの活躍で長崎初のプレーオフステージ進出

2019年5月22日(水) JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第6節が行われ、AグループのV・ファーレン長崎はホームで横浜F・マリノスと対戦。グループステージ突破するために勝利が絶対条件だった長崎が3-1で勝利し。同時刻に行われた湘南ベルマーレ 対 北海道コンサドーレ札幌戦が引き分け。この結果により長崎は横浜FMと勝ち点8で並んだが、当該チーム同士の対戦成績で上回り2位となったため、長崎が初のプレーオフステージ進出を決めた。


ルヴァンカップグループステージ最終節、長崎はこれまでサイドバックでプレーすることの多かった徳永 悠平をセンターバックで起用し、右サイドバックに鹿山 拓真を配置。またボランチには中村 北斗が入り、グループステージ第2節以来のスタメンとなった。

長崎は前半7分、イ ジョンホの素早いリスタートから前線の吉岡 雅和へ展開。このボールをしっかりと受けてコントロールした吉岡がGKとの1対1からシュートをゴールへと流し込み、先制に成功する。

前半48分には島田 譲のフリーキックからイ ジョンホが頭で合わせてゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定によりノーゴールとなり、前半は長崎1点リードで後半へ。

後半15分、長崎に待望の追加点。またも素早いリスタートから前方へ抜け出したのは吉岡。ペナルティエリア内ゴールラインぎりぎりでボールをキープし、中央に走りこんできた長谷川 悠へクロスを供給。このクロスをディフェンスの前に飛び込んだ長谷川がヘディングで叩き込んで、スコアを2-0に広げる。

優位に立った長崎だったが、負けられない横浜FMも反撃。後半27分、ペナルティエリア手前から直接フリーキックを天野 純が決めて1点差とすると、その後も猛攻。しのぎ切りたい長崎だったが、後半アディショナルタイムにペナルティエリア内で大本 祐槻のファウルによりPKに。
長崎のグループステージ突破の夢が潰えるかと思われたが、李 忠成のシュートを富澤 雅也がファインセーブ。直後には先ほどPKを与えた大本が勝利を決定付けるダメ押しゴールを決めて3-1で長崎が勝利し、クラブ初となるグループステージ突破を果たした。

Aグループ順位(第6節終了時点)
順位クラブ名勝点得点失点得失点
1北海道コンサドーレ札幌923113112
2V・ファーレン長崎82221011-1
3横浜F・マリノス8223981
4湘南ベルマーレ721379-3